contemporary japan corp. - 株式会社コンテンポラリージャパン

CECCOTTI COLLEZIONI images

チェコッティ・コレツィオーニ

ITALY

贅沢な時間

チェコッティ・コレツィオーニはじっくりと時間を掛けて形作られていきます。数十年掛けて大切に育てられたウォルナット、チェリー、オークなどの貴重な木材。チェコッティ・コレツィオーニの家具を作るのに必要な品質を持った最高等級の木材だけを選び、三次元に曲線を描く部材を作るのに充分な厚みのある木材を別注して製材してもらう。北米やヨーロッパ各地から届けられる木材はすでに水分量を調整されたものですが、工場到着後、更に数か月間掛けて、イタリアの気候に馴染ませます。

無垢の木材は水分量を調整されたものでも、工場で加工する内に少し縮んだり、少し曲がったり動きます。チェコッティ・コレツィオーニの家具はつなぎ目の目地が無く、滑らかな仕上がりの物も多く、家具として仕上がった後に木材がなるべく動かない事が望まれます。そのため、切る、削る、接着するなどのそれぞれの工程が終わるごとに、次の工程に移る前に木材を落ち着かせる時間を数週間取ります。

数多くの部材が少しずつ求められる形とサイズに作られ、それらを組み立てていくことで最終の形に近づいていきます。例えばデスク「ビーン」は346ピースの部材が組み合わされて、完成までに約800時間という時間を掛けられます。工程の後半には職人が手で触れて形を確かめながらサンディングを行い、全体を滑らかに仕上げていきます。チェア「チュンベラ セグンダ」は1本あたり約6時間掛けて滑らかにサンディングされます。 こうしてとても贅沢ですが、チェコッティ・コレツィオーニの家具として完成するために必要な時間を充分に掛けて、丁寧に職人の手作業で作られます。

チェコッティ・コレツィオーニ 木材チェコッティ・コレツィオーニ 職人の手作業

HISTORY

1956年
アヴィエロ・チェコッティは小さな家具製作工房を始めます。数人の職人と共に作り出す家具は高い技術、誠実な仕事ぶりや親しみやすい人柄を認められ、徐々に顧客が増加。個人邸の注文家具から始まり、企業や公共空間、上院議会へと仕事は広がり、更にホテルの家具の注文を数多く受けるようになり、イタリア、ヨーロッパに留まらず、世界中の4つ星以上のホテルの新築、改装を400件以上手掛けるようになっていきました。

1988年
フランコ・チェコッティは最初のコレクションをミラノ サローネ デル モービレで発表し、デザイナーのロベルト・ラッツェローニと共に作り上げた数点の家具は、独自の存在感を持って高い評価を受けました。以来、毎年少しずつコレクションを増やしていますが、最初の数点の家具は現在まで変わらず作り続けられ、いつ見ても新鮮さを失わない時間を越えた魅力を発揮しています。

チェコッティ・コレツィオーニ 工房チェコッティ・コレツィオーニ 高い技術チェコッティ・コレツィオーニ 高い技術

DESIGNER

ロベルト・ラッツェロー二は約20年間、メインデザイナーとしてフランコ・チェコッティと共にチェコッティ・コレツィオーニのコレクションを作り上げました。彼はマーケティング型のデザイナーではなく、自分のイメージを大切にして製品にしていきます。ヴィンチェンツォ・デ・コティースは最近多くの製品をデザインしていますが、彼はデザイナーという枠を超えて、自身のファッションブランドを持ち、アートを制作する作家でもあります。フランス人のクリストフ・ピエも長くチェコッティ・コレツィオーニに家具をデザインしています。ノエ・デュシャフール・ローレンスも有望なフランス人若手デザイナーの一人。スペインのハイメ・アジョンが素晴らしい独自な世界をチェコッティ・コレツィオーニのコレクションの中でも展開しています。

彼らはそれぞれ独自のデザイナーとしての感性を持っていますが、チェコッティ・コレツィオーニのファンの一人でもあり、その世界観を実現するために才能を発揮しています。すべてをコントロールしているのはフランコ・チェコッティで、自分自身の名前を持ったコレクションを正しく望まれる方向へ導いています。 マーケットやトレンドに過大に影響されることなく、唯一の存在になるように作られています。

ロベルト・ラッツェロー二イタリア トスカーナの風景

PAGE TOP ↑